HOME > 顔にホクロは出来やすい

顔にホクロは出来やすい

ホクロが出来やすい場所は顔です。
考えてみると、身体は面積の割にほくろの数は少ないと思いませんか。

逆に顔のほくろは多い人だと数個から数十個ある人もいます。
顔のホクロはその人に印象や運気を左右させると言われます。

場所や大きさによっては魅力や運気を向上させるので、わざわざペンでホクロを書く人もいるぐらいです。
望む場所にホクロが出来れば良いですが、中々希望通りにはいかないものです。

またそばかすの出来た女性もチャーミングですが、本人にとってはコンプレックスであったりもします。
女性の場合は化粧やコンシーラーで隠せますし、クリニックでお金を払って除去することも可能です。

しかし出来ればホクロやシミ、そばかすは出来て欲しくないものです。
男性の場合はホクロが盛り上がっていたりすると、髭を剃るときに傷つけてしまうこともあります。

では顔にホクロやシミ、そばかすが出来やすいのは何故でしょうか。
ホクロが出来る場所を考えてみると、顔や手足、それから肩の部分などですが、実に紫外線を浴びやすい場所です。

特に顔はメラノサイトが他の部位に比べて多いので、ホクロが出来やすいのです。
紫外線はシミの原因と言われますが、浴び続けると皮膚細胞のメラノサイトがメラニン色素を作り出すので、ホクロが出来る原因にもなります。

メラニン色素は紫外線や外部刺激から皮膚を守るために作りだされるのですが、加齢やストレスで代謝が衰えてくると、シミやホクロが中々消えず、色素沈着してしまいます。
気になる方は日焼け止めを塗ったり、紫外線を浴びないようにするなどの対策を行うと良いでしょう。

皮膚に刺激を与えすぎると、ほくろが癌化して、皮膚がんを発症することもあります。
日頃からお肌のケアをすることが大切です。