HOME > ほくろは遺伝する

ほくろは遺伝する

結論から言うと、ホクロは遺伝します。
というよりも、ほくろの出来やすい体質が遺伝するという意味です。

もちろん産まれたばかりの赤ちゃんにはホクロはありません。
しかし生後数ヶ月もするとホクロが出来てきます。

中には両親と同じ場所にほくろが出来ることもあるようです。
これは遺伝によってホクロが出来やすい体質になったということを表わしています。

たまたま同じ場所にホクロができることはあります。
しかし発症の時期や場所まで遺伝することが証明されているわけではありません。

医学的には明確な根拠は未だありませんが、ホクロの出来やすい体質については遺伝する可能性が大きいようです。
ほくろの遺伝は優性遺伝といわれ、例え両親の内一方がほくろが少ない人でも、もう一方がホクロの多い人であれば、その子どももホクロが多くなりやすいのです。

特に成長期以前に出来たホクロは先天性のほくろとされ、遺伝による影響が大きいとされます。
一方で大人になってから出来たホクロは後天性と言えます。

ちなみにアトピーも遺伝すると言われます。
こちらもアトピーになりやすい体質が遺伝するだけであって、発症するかどうかは生活習慣や環境が大きく関わっています。